ちっさいスクーターおっそいねんw - Grassland

ちっさいスクーターおっそいねんw

バイク

ブォーーーーーーン。通勤・お買い物の友、スクーターでっす。自転車疲れますねん、電動自転車めっさおっそいですねんw 

自動車の免許で乗れる50ccスクーター、制限スピード上限30キロまで、これはこれでアレですけどw 今日びの50ccスクーター、 平坦な道ならアクセル全開でスピード40-50キロ程出すことができますが、坂道や搭載重量によっては制限スピードの30キロも出ない事もあります。非常に悲しい気持ちになりますw それと普段自動車を運転している方なら解るとおもいますが、「ゆっくり走ってるスクーター結構怖い」w 理由は普段運転してる人に聞いて下さいw

遅いスクーター、もうちょっと早くしちゃうぞw

たのしいカスタム(改造)もピカピカ光らせたり、マフラー替えたり、灰皿付けたり色々ありますが、速くしたいなら、「運転手のダイエット」 50ccに限らず、ネット通販でポチっと出来る、シリンダーとピストンを交換して排気量を増やす方法「ボアアップ」が手っ取り早いと思いますw 
「外見ノーマルにボアアップ」がマイブームですw

ボアアップに必要な部品シリンダー・ピストンの他、燃料噴射装置関連のインジェクター交換やサブコンピューターも追加をした方が良かれと思います。また、最近のサブコンピューターはスマホからも操作できる物もあり、イージーです。(車種ごとにググってね)

ボアアップ考察

・ボアアップするための交換部品はレース目的で作られてる物が多いので注意するw

・50ccをボアアップして公道を走る場合、排気量が変わるので
原付一種(~50cc)から原付二種(~125cc)
原付二種(~125cc)から自動二輪(~250cc/400cc)
と、役所でそれなりの手続きが必要になってきますw

・バイクを押して歩いて行ける/不動バイクを運搬できるバイク屋を確認するw(ボアアップ失敗時に)

・ボアアップするエンジン型式・車体のサービスマニュアルを用意、書いてある通り組み込めば案外簡単w 事前に該当ページの部品の名称・点数・消耗品や必要工具を確認しておくとパーツ交換時スムーズです。型の古いバイクだとサービスマニュアルの入手が難しくなってきます。

・エンジンを水で冷やす水冷エンジンはちょっと面倒w

・ボアアップ後パワーの増加による副作用も覚悟するw(振動増量、ブレーキ弱等)

・AT小型限定免許(~125cc)が教習所で約6万円、2-3日程で免許取れてしまいますね(普通免許ありの場合)、50ccの場合ボアアップ部品と工具で2-3万円、作業時間エンドレス。50ccじゃなくてもいいんじゃね? 125cc→170ccとかうっはーw

けつのロン!


ボアアップ=オレのバイク、ノーマルより早いんだぜーw=故障したらなるべく自分で直しちゃうんだぜ?w=カコイイ!


二輪免許を取って最初から速いバイクに乗る=趣味はツーリングでっすw=故障したらバイク屋へGO!=ラクチン!w

※このブログは違法改造を助長する目的で書いているつもりはありません。



にほんブログ村

error:Content is protected !!